無料相談

コラムCOLUMN

トップ  >  コラム  >  体入はどんな服装がいい? 体験入店の感想もレポート!
体入はどんな服装がいい? 体験入店の感想もレポート!

体入はどんな服装がいい? 体験入店の感想もレポート!

基礎知識
2022.10.31
ホスドラ編集部
「体入」とは、ホストとして正式に入店する前に、おためしで行う体験入店のこと。

基本的に、面接とセットで行われることが多いです。

面接が決まってから「何を着ていけばいいんだろう?」と焦った人もいるはず。

リクルートスーツ以外のスーツを持ってないし、そもそもみんなどんな服装で体験入店してるの?と疑問ですよね。

安心してください。

歌舞伎町の現役ホストのみなさんから、体入ファッションについてアドバイスをもらいました!

服装はお店の雰囲気によって違う

 

最近は、カジュアルな私服で接客するホストクラブが、増えてきました。

 

だから、必ずスーツ着用というわけではありません。

 

面接の応募をしたときに、「カジュアルな服装でお越しください」といわれたら、カジュアルでいいでしょう。

 

おそらくその店舗は、カジュアルなホストが多いということです。

 

悩むのは、何も言われなかった場合です。

 

スーツのホストが多い店か、私服のホストが多い店かわからなければ、ジャケットとパンツのセットアップをファストファッションのお店で購入してはどうでしょう。

 

手頃な価格で、案外いいものが手に入ります。

 

もしくは、黒いパンツに白いシャツでもOK。

 

黒いジャケットを持っていたら、羽織って。

 

体入のときは、あまり目立たない方がいいので、モノトーンコーデが無難です。

 

お金をかけたくない人は、リクルートスーツでも大丈夫。

 

ネクタイなしで、シャツのボタンを開ければ完璧です!

 

何を着るかより大切なのは「清潔感」

 

襟や袖の汚れが目立つシャツ、食べこぼしのついた服、体臭のついた服は絶対NGです。

 

まず、面接で不合格になる確率が高いですよ。

 

女性を接客するのに相応しい服装を、イメージしてください。

 

短パン、サンダルなど、ラフすぎる格好もよくないです。

 

求人欄に「レンタルスーツ有り」とあっても、信用しない方が無難です。

 

レンタルスーツは、体入には貸さない場合があるからです。

 

なぜかというと、毎日やってくる体入のために用意したスーツではないのです。

 

体入者にスーツを貸していたら、日々のクリーニング代がたいへんです。

 

これらはホスト用のスーツなので、体入用のスーツは基本的にないと思ったほうがいいでしょう。

 

体入した人の感想をまとめてみました

 

・お店が広くてびっくりした!

 

・お客さんの多さにおどろいた。

 

・シャンパンが次々とあいて行くのをみて、別次元にいるみたいだった。

 

・先輩もお客さんもすごく優しくて楽しかった!

 

・給料が出ておどろいた!

 

など、驚いた、圧倒されたという声が多かったです。

 

まずは、思っていたよりも、お店もお客さんもスケールが大きいことに驚くようです。

 

緊張した体入だけれど、とても楽しかったと答えた人が多かったです。

 

体入でも給料が出る! 体入ばかりする人は…

 

感想の最後にもありましたが、体入でも給与がでます!

 

お店によって金額はことなりますが、アルバイト代として、8千円から1万円くらい支払われる思ってください。

 

それを目当てに、いろいろな店で体入ばかり繰り返す人は「体入あらし」と呼ばれ、お店側からいい顔されません。

 

何店舗か体入することはOKですが、体入あらしと思われない程度にしましょう。

 

体入前には面接がおこなわれる可能性が大です

 

基本的に体入の前に面接が行われることが多いです。

 

最低限、写真付きの身分証明証を持参しましょう。

 

また未経験かどうかも必ず聞かれます。

 

初めて体入する人は、見栄をはらずに、素直に答えましょう。

 

先輩が、挨拶の仕方、お酒の作り方を優しく教えてくれます。

 

ホストクラブならではのルールもあるので、しっかり学んで体入に備えてください。

ホストの聖地 歌舞伎町で働くならホスドラ経由がオススメ!

おすすめの記事