無料相談

コラムCOLUMN

トップ  >  コラム  >  ホストクラブの料金システムを知ろう!
ホストクラブの料金システムを知ろう!

ホストクラブの料金システムを知ろう!

基礎知識
2021.03.31
ホスドラ編集部
「ホストクラブで遊んでみたい!」と思っているかたにとって、大きな不安の一つが料金の問題。

やっぱりホストクラブといえば、「お金がかかる」というイメージがありますよね……。

しかし実は、その料金システムを正しく知っておけば、リーズナブルに楽しむこともできちゃうんです♡

今回のホスドラ編集部では、そんなホストクラブの料金システムを徹底解析しちゃいます☆

ホストクラブでかかる基本の料金内訳は?

ホストクラブの支払い内訳は、基本的には次の4つがあります。

①セット料金
②指名料金
③ドリンク・フード代(飲食代)
④サービス料・TAX

①セット料金

ホストクラブに来店して、必ず発生する基本料金です。

お店によっては「テーブルチャージ」「席料」とも呼ばれます。たしかに、居酒屋やレストランでも、同じく「卓代」が発生しますよね!

歌舞伎町では、60分〜90分を「1セット」と設定して、10000円〜15000円がセット料金の相場です♪

1セットを超えて滞在する場合は、「延長料金」として、1セット料金と同じくらいの料金がかかります。

来店する時間によっても異なり、早めの時間帯だとセット料金は安め、お客さんが増える20時以降は高めに設定されるお店も。

②指名料金

セット料金にプラスして、お気に入りのホストを指名するときは、「セット料金」を支払います。

担当ホストを指名する「本指名」では、1回につき3000円ていどの指名料金が発生し、そのぶんの売り上げが、ホストの給料にバックされます♪

そのお店の支配人や代表などの幹部レベルを指名するときは、指名料も高くなる傾向アリ!

ちなみに、ホストクラブではいちどホストを本指名すると、そのホストを指名しつづけなければならない「永久指名制」ですので、来店するたびに本指名料を支払う必要があります。

フリーで来店してついてくれたホストを指名する「場内指名」では、指名料は1回につき1000円〜1500円ていど。

ほかにも、帰るときにお見送りをしてくれる「送り指名」もありますが、これに指名料が発生することはありません。

③ドリンク・フード代(飲食代)

お店でお酒や食べものを注文するときに発生する料金です。

ホストクラブでは、あらゆるドリンク・フードがやや高めの値段設定ですが、大体の相場としては以下のとおりです。

●ビール 1杯1000円〜2000円
●カクテル 1杯1000円〜2000円
●ソフトドリンク 1杯1000円〜1500円
●チューハイ 1缶1000円〜2000円
●テキーラ 1ショット約2000円
●グラスワイン 1杯2000円〜3000円
●果実酒(梅酒など) 1杯1000円〜2000円
●焼酎ボトル(鏡月、JINROなど) 1本5000〜10000円
●ブランデーボトル(リシャール、ラーセンなど) 1本10000円〜50000円
●シャンパンボトル 1本約50000円〜

フードメニューも、普通の飲食店よりはやや高め。

●サラダ、おつまみ 1000〜3000円
●デザート 2000〜3000円

なかには、一流シェフを常駐させて、本格的なメインディッシュをつくってくれるお店も!

たとえば、歌舞伎町groupdandy(グループダンディ)やAIR GROUP(エアーグループ)の店舗は、フードがハイクオリティすぎる!と話題沸騰♡

一流レストランにも劣らない味は、お試しの価値大です!

この投稿をInstagramで見る

TOPDANDY-本店-(@topdandy0707)がシェアした投稿

この投稿をInstagramで見る

AIRGROUP【公式】(@air_group_official)がシェアした投稿

④サービス料(TAX)

ホストクラブのみならず、水商売のお店に共通した仕組みに基づいた料金です。

たんに「TAX」とだけ表示するお店もありますが、この場合の「TAX」も、「サービス料」と同じ!

「TAX=税」ですが、普通のお店のような消費税だけを指すわけではありません。

ホストクラブでは、①セット料金と②指名料金、③ドリンク・フード代の小計額の20〜40%を「サービス料(TAX)」として、合計金額に上乗せして支払うのです。

つまり、合計金額が上がればそれだけ「サービス料(TAX)」も上がるので、要注意!

「ホストクラブでの時間を楽しんだことに対するサービス料」という理解のもとに設定される料金です。

支払額を予算内に収めるためには?

このように、ホストクラブではもともとのセット料金や飲み物代、フードメニューの価格が高めに設定されているので、お会計がどうしても高額になってしまうもの。

ただし、この料金システムを入店前にしっかり確認しておけば、会計時に「こんなはずじゃなかった……」と後悔することもありません♪

具体的に、下記の3つのポイントを実践してみましょう!

①お店に行く前に、公式HPをチェックしよう!

大手グループなどの優良店では、お店の公式HPで料金メニューをしっかり提示しています。

逆に、HPももたないような小さなお店、あまり名が知られていないお店は、不当な額を請求するぼったくり店の可能性もあるので、初心者は大手店舗でデビューすることをおすすめします!

②来店時にも、入口で料金システムを確認しよう

事前にHPで料金システムをチェックしていても、来店時に入口で再確認!

応対してくれるスタッフが説明してくれますが、不安な点は恥ずかしがらずに質問しましょう。

とくに、フードメニューは時価に寄るところが多いので、HPではあまり公表していないお店が多いのです。

③対応してくれるホストに、自分の予算を伝えよう!

お金の不安があるなら、接客してくれるホストに、自分の予算がいくらくらいなのか、あらかじめ伝えておきましょう!

よほどの悪徳店舗でないかぎり、嫌な顔はしないものなので、ご安心ください♪

ホストの最大の目標は、指名をとるために、リピート率をあげるために、お客さんに楽しんでもらうこと!

もちろん、「あわよくばシャンパン入れてくれないかな?」という気持ちは持っていますが、ここで強引に営業してお客さんを離れさせたくはないので、無理強いすることはありません。

まとめ――お得な初回システムも要チェック!

ホストクラブを楽しむには、料金体系をしっかり理解しておくことは大前提。

もちろん、楽しいからといって飲みすぎず、酔っ払って覚えのないシャンパンタワーを入たりすることがないよう、しっかり気をつけましょう!(笑)

初めて来店するときには、通常料金よりかなりお得な「初回料金」で遊ぶことができます!

なんと、1セット2000円〜7000円程度で飲み放題付き!

「初回システム」につきましては、コラム「「初回システム」で気軽にホスト遊びデビュー! 歌舞伎町人気店の初回内容も徹底比較♡」も、ぜひぜひお読みくださいませ♡ コチラをクリック♪

ホストの聖地 歌舞伎町で働くならホスドラ経由がオススメ!

おすすめの記事