無料相談

コラムCOLUMN

トップ  >  コラム  >  「理不尽な上下関係」の実態に迫る! ホスト業界で円滑な人間関係を育むコツ
「理不尽な上下関係」の実態に迫る! ホスト業界で円滑な人間関係を育むコツ

「理不尽な上下関係」の実態に迫る! ホスト業界で円滑な人間関係を育むコツ

基礎知識
2020.11.30
ホスドラ編集部
ホスト志望者にとって、不安材料の一つが、「上下関係」。

ホストというと、「先輩後輩関係が厳しそう」「新人イジメがありそう」「理不尽に暴力を受けそう」……などなど、マイナス・イメージを抱く方は多いようです。

どんなに給料などの待遇が良くても、そんな職場で働きたくはありません。

そこで、ホスドラ編集部では、「上下関係」の実態を大調査! ホスト業界関係者にお話をうかがってきました☆

最近のホストクラブの職場は、意外にアットホーム!?

ホストクラブは、過酷な「売上競争」の場であり、同僚であるホスト同士が全員「ライバル関係」となります。

お客さんの指名を取り合うわけですから、職場の人間関係がギスギスして当たり前なのかな……と思われるかもしれませんが、実はそんなことはないのです!

たとえば、歌舞伎町の有名店「TOP DANDY」の三遊亭翔太さんは、ホストの世界に踏み入れる前には、「ドロドロした印象が強かった」そうですが、「実際に働いたらびっくりするほどアットホームで、男子校みたいな雰囲気だった」と語っています。

三遊亭翔太さんへのインタビュー記事は、コチラで公開♪

ちなみに、三遊亭翔太さんが務める「TOP DANDY」は、「従来のホストクラブにありがちな上下関係による教育を一切廃止」していることを公言しています。

ホスト未経験者でも安心して仕事に臨めるよう、「『人対人』を尊重したオリジナルな教育体制」を採用していて、基本の業界知識やマナー、接客のしかたを徹底的かつ丁寧に指導してくれるのだとか。

「店を一緒に盛りあげよう!」という高いチーム意識が、店全体の売り上げアップにつながる!

これはほんの一例ですが、最近のホスト業界では、このような「職場の円滑な人間関係」を推奨する傾向が見られます。

同じ店で働くホストたちは、ライバル同士でありながら、一緒にお店を盛りあげる「仲間=チームメイト」。

自分の売り上げアップが最優先課題ではありますが、お店全体としてお客さんの入りが少なければ、指名を取るチャンスも自然と減ってしまいます。

「他のライバル店舗に負けないように、自分たちのお店に来店するお客さんを増やさなければ!」——そのためには、ホストたちが一致団結して、お店に活気をもたらさなければなりません。

自分一人の力には限界がある! 周囲と助け合って売り上げを上げよう

くわえて、ホストは同僚に支えられて売り上げを上げるという側面もあります。

たとえば、新人ホストは「ヘルプ」として、呼ばれたテーブルでお酒を作ったり、指名ホストが離席したときにはお客さんの会話の相手をしたり……。さまざまなサポートを行ないます。

ヘルプホストが飲むお酒も、指名ホストの「売り上げ」となるので、指名ホストとしては、ヘルプの助力も大いに頼りたいところ。

現在ナンバー入りしているホストたちも、かつてはみな新人。ヘルプばかりだった「下積み時代」を経て、輝ける「いま」があるのです。

先輩ホストを支えていた新人ホストが成長し、ヘルプを卒業した彼を、こんどは次世代の新人ホストが支える。同様に、先輩ホストから教わったテクニックを生かして売り上げを上げ、そのテクニックを後輩に伝授して……。

ホストという職業は、マニュアルでできる仕事ではないゆえに、こうした「人の結びつき」が大切となるのです。

そのため、上下関係がギスギスしていないお店は、働くホストたちの意識が高い、なおかつ「活気があるお店」であり、「働きやすいお店」といえるのです。

「離職率を下げたい!」——お店の思惑とは

多くのホストクラブに「アットホームな職場環境」が多い理由としては、店側の意図も大きく影響しています。

かつてのホストクラブでは、事実として、ドラマやマンガに見られるような「ドロドロした人間関係」が多いものでした。

そのような職場環境では、ホストが「お店を辞めたい」「移籍したい」と考えるのも当たり前。有望な人材を失うことになってしまいます。

歌舞伎町などのホストクラブ激戦区では、「引き抜き」も日常茶飯事。所属するお店の雰囲気に不満を抱いているホストであれば、引き抜きの声がかかったときに、即答でOKしてしまうかもしれません。

お店の考え方としては、人間関係を円滑にすることで、ホストの「店離れ」を下げようというねらいがあるわけですね♪

円滑な人間関係を築く3つのポイント

アットホームな感じのホストクラブが多いとはいえ、ホスト社会は、基本的に「体育会系」。

上を敬う態度や礼儀を重んじる傾向が強く、いまなおその空気は連綿と受け継がれています。

和気あいあいとした雰囲気に甘えず、次のポイントを守り、周囲から反感を買わないよう心がけましょう!

①挨拶は常に忘れず、元気よく!

挨拶は、ホスト業界のみならず、社会の基本です!

店に入ったら「おはようございます」、帰るときには「お疲れさまです」、誰かにサポートしてもらったら「ありがとうございます」……。

当たり前のことだからこそ、これができない人は、悪目立ちしてしまいます。

役職者や先輩ホストに対してだけではなく、周囲の同僚や黒服にも、しっかり挨拶してコミュニケーションをとりましょう。

②お店のルールを徹底遵守せよ!

働くうえでの決まりごとはたくさんありますが、最大のタブーが、ほかのホストのお客さんを横取りすること! 

具体的には、指名ホストに黙って連絡をとったり、店外デートしたり、体の関係を持ったり……。

これは「爆弾行為」と呼ばれ、重い罰金が科されます。

店によって金額は変わりますが、何百万レベルの請求がくることを覚悟しておいてください。

それ以外にも、他のホストの情報をお客さんにリークする、先輩ホストに反抗するなども、絶対にNG!

ルール違反をするホストには、冷たい視線を集めることに……。周囲の信頼を裏切らないよう。入店時にお店のルールをしっかり確認しておきましょう。

「爆弾行為」についてのコラムはコチラ♪

③体験入店システムで、店内の雰囲気を事前に知っておこう

ホストの「インターン」ともいえる「体験入店」システム。

入店にあたって、そのお店の実際の雰囲気や従業員の人となりを観察できる、絶好のチャンスです♪

入店後に後悔しないためには、体験入店を行なっているホストクラブに応募するのがおすすめ。

体験入店では、仕事内容を追うのみならず、その店の売れっ子ホストや同僚をよくよくチェックしましょう!

後輩としての「謙虚さ」を忘れず、先輩ホストに接しよう

先輩ホストと円滑な関係を築くポイントを3つご紹介しましたが、最も重要なのは、後輩としての「謙虚さ」を忘れないこと。

入店したばかりのホストは、先輩から学ぶことがたくさん! 忙しいなか教えてくれる先輩がたへの感謝の気持ちをつねに持ち、お礼の言葉を忘れない心がけが必要です。

それでも不安なかたは、なにはなくとも、体験入店してみるべし!

ホスト求人サイトや求人情報誌で「和気あいあいとした職場!」「先輩が優しく教えます!」などと魅力的な文句を謳っていても、実際には上下関係が厳しい店だった……なんてケースも散見されます。

お試しで入店することで、「この職場ならやっていけそう!」という自信がつく可能性も♪

ホスドラでは、体験入店できるホストクラブも、多数ご紹介しています。ぜひともお気軽にご相談くださいね!

ホストの聖地 歌舞伎町で働くならホスドラ経由がオススメ!

おすすめの記事