無料相談

コラムCOLUMN

トップ  >  コラム  >  「飲めないホスト」って、ぶっちゃけアリ?――未成年も下戸ホストも大集合!
「飲めないホスト」って、ぶっちゃけアリ?――未成年も下戸ホストも大集合!

「飲めないホスト」って、ぶっちゃけアリ?――未成年も下戸ホストも大集合!

基礎知識
2021.05.23
ホスドラ編集部
「ホストといえば、お酒を飲んでナンボの仕事!」……そんなイメージがありますが、実際のところはどうなのでしょうか?

「酒が飲めない未成年ではナンバー入りできない?」「ホスト側が酒抜きだと、接客で盛り上げられないかも……」――そんなことはありませんっ!

今回のホスドラ編集部では、飲めないホストのみなさんのために、お酒ナシでも売り上げをガンガン上げちゃう秘訣を教えます♡

お酒が飲めなくても超売れっ子なホスト3選!

現に、アルコールが飲めなくてもナンバー入りした人気ホストはたくさんいます!

ROLAND

この投稿をInstagramで見る

【ROLAND】ローランド(@roland_0fficial)がシェアした投稿

いわずとしれた「帝王」ローランドさんも、接客のうえではお酒は飲まない主義!

接客中に飲んでいたのは、最高級のハーブティー。ワインボトルから高級グラスに注いでいたのですから、雰囲気は満点です!

お酒は好きだそうですが、お店では飲まない理由としては……

「アルコールをすすってるホストになりたくない」
「お酒はいいものを適量飲むのが楽しい」
「お酒を飲んで売上を上げているホストの前でノンアルコールで勝つ」

――確固たるホスト哲学をもつローランドさんは、シャンパンが入ってもコールはしません。

お酒を飲まないので、お店への通勤手段は自分で運転する高級車。うーん、やっぱりカッコイイですね!

春人(はると)

この投稿をInstagramで見る

春人(@haruto.art)がシェアした投稿

AIR GROUP全体の売り上げ実績は常にトップクラス! 店舗売上No.1にも輝いた実績をもつ、club ARTの代表取締役です。

「一滴も飲めない」のだそうですが、2年連続の1億円Playerであり、月間売上は2200万円!

「シラフだからこそていねいなコミュニケーションがとれる」「女の子と一対一でしっかり向き合える」――周囲がワイワイ盛り上がっているなかで、彼はひとり耳元で女の子に「飲みすぎてない? 大丈夫?」と一言。

そんな優しい言葉をイケメンに囁かれたら、瞬殺されちゃいますよね♡

「お酒が飲めない」を逆手に取った巧妙な接客術に脱帽です!

櫻遊志(さくら・ゆうし)

この投稿をInstagramで見る

Yushi Sakura(@yushi0409)がシェアした投稿

歌舞伎町「SENSE-TOKYO(センストーキョー)」の社長であり、「ネオホスト」の代表格である櫻遊志さんは、意外にも「お酒がまったく飲めない」と公言!

「お酒を飲まない代わりに、どう女性に楽しんでもらうかだけを考えていた」――実際、櫻さんは明るくフレンドリーな接客に定評アリ!

あらゆる女性を楽しませたい!という誠実さ、お客さんにていねいに気を配る細やかさの所以ですね♪

お酒が飲めないホストのための接客ポイント3つ!

とはいえ、お酒が飲めないということは、ボトル売り上げに貢献しにくく、現実問題、売り上げ的にはなかなか厳しいものがあります……。

ここで、お酒が飲めないホストが接客するうえでのポイントをご紹介しましょう!

①シラフだからこそ冷静に女の子を観察しよう!

シャンパンやテキーラがどんどん入って、テーブルが盛り上がって……。そんなときに、シラフだからこそ、冷静に周囲を観察できるといえます!

すこし疲れていそうなお客さんがいれば、お水やおしぼりを渡したり、ソフトドリンクの注文を聞いたりといった対応もいいですね♪

とくに、club ARTの春人さんは、酔った女の子の耳元に「大丈夫?」と囁くなんてテクニックも!

お酒を飲めるホストが多いなかで、お酒が飲めないホストだけが駆使できる方法です♡

②周囲のテンションにはしっかり合わせるべし!

「お酒が苦手なので……」と伝えるのはアリですが、だからといって一歩引いたテンションは絶対NG!

シラフのテンションの人がいると、その場が盛り下がってしまいます……。

無理に飲む必要はありませんが、シャンパンコールにも積極的に参加して、周囲のテンションを下げないように気をつけましょう!

③ホストはあくまで接客で勝負!

ホストの価値は、「お酒が飲めること」ではなく「女性客を楽しませること」!

お酒を注文させることよりも、いかにトークで惹きつけるかが重要!

相手の話をしっかり聞き、望むように返答し、その場を盛り上げることに注力しましょう。

むしろ、お酒抜きのほうが細やかに相手を気遣えるので、メリット大かもしれません♪

まとめ

かつては「お酒がたくさん飲めるホスト」が「稼げるホスト」でしたが、最近のホストクラブは大きく変わりました!

もちろん、お酒が飲めないからといって先輩ホストやお客さんが無理に飲ませることはありません。

お酒が強いホストが「飲み専用ホスト」となって、ヘルプとしてテーブルを一緒に盛り上げてくれることも!

ホストというのは仲間どうしの結びつきが強いものなので、「困ったときはお互いさま!」と協力してくれますよ♪

「お酒が飲めない」という個性をうまく発揮して、あなただけの魅力を確立すれば、ナンバー入りも夢じゃない!

一番大事なのは、お客さんをどう楽しませるかということであり、これこそが指名獲得と売り上げアップにつながるのです♡

ホストの聖地 歌舞伎町で働くならホスドラ経由がオススメ!

おすすめの記事