無料相談

コラムCOLUMN

トップ  >  コラム  >  きらびやかな世界だけじゃない!ホストになるために覚悟しておくべきこととは
きらびやかな世界だけじゃない!ホストになるために覚悟しておくべきこととは

きらびやかな世界だけじゃない!ホストになるために覚悟しておくべきこととは

基礎知識
2020.08.31
ホスドラ編集部
ハイブランドの衣装や高級スーツに身をまとい、キラキラした店内で接客をするホストたち。はたから見ると「かっこいい!」というイメージの高いホストですが、実際はきらびやかな世界だけではなく、さまざまな現実を受け入れなければなりません。

もしかしたら「かっこいい!」という憧れだけでホストを始めてしまうと、「こんなはずじゃなかった」と早期挫折をしてしまう原因に。ホストを始める前に「ホストになるために覚悟しておくべきこと」をしっかり理解し、自分にホストができるかどうか考えてみることが大事でしょう。

ホストの現実:ホストは24時間ホストでいなくてはならない

ホストの現実1つ目は「ホストは24時間ホストでいなくてはならない」ということ。水商売全般にいえることですが、特にホストは24時間ホストでいることが重要な職業です。ホストになるとお店の外でもお客さまと連絡を取るのは当たり前ですし、お店の外でお客さまとご飯を食べたり遊びに行ったりするのも当たり前になります。

それはもちろん遊びではなく「営業」として行うため、24時間全ての時間をホストとして演出する必要があります。なのでホストになると「プライベートの時間がなくなってしまう」という現実があることを覚えておきましょう。

ホストの現実:慣れないお酒やタバコ

ホストの現実2つ目は「慣れないお酒やタバコ」です。ホストの仕事はただ女性と話をするだけではありません。毎日お酒を飲み、時にはお酒の飲み過ぎ、そしてタバコなどがある環境で毎日過ごすことになります。

お酒は飲み過ぎればもちろん肝臓に負担がかかり、体を壊してしまう可能性が高まります。自身がタバコを吸わないとしても臭いや煙などもあります。

さらにお酒を飲みすぎることでお腹が出てきたり、ひどい場合にはメタボになってしまったり。ホストになる際には、しっかりと自分で健康管理をすることが重要になりますね。

ホストの現実:夜型の生活になる

そしてホストの現実3つ目は「夜型の生活になる」こと。通常の昼職では朝起きて仕事に行き、夕方仕事が終わって帰るというルーティンを送っている人が多いと思います。ですがホストの世界は「夜」の世界。

そのため夕方から外に出てお店に出勤、そして家に帰ってくるのはまだ太陽が昇る前という、夜の時間帯で暮らすことになります。

「太陽なんて浴びなくても大丈夫」と思うかもしれませんが、普段と慣れない生活で体調を悪くする可能性はもちろん、精神的に病んでしまうなんて人も。

人は太陽を浴びることで幸せホルモンであるセロトニンが発生します。できるだけ早く起きて、太陽を浴びる習慣をつけるといいでしょう。

ホストの現実:人間関係を築くのが昼職より難しい

ホストの現実4つ目は「人間関係の難しさ」です。夜の世界では名前はもちろん、キャラそのものを作るということが多い世界です。それは男性従業員だけでなく女性のお客さまも同じこと。

水商売ではキャラ作りがつきものとわかっていつつも、やはり実際に裏切られると大きなダメージをくらいます。実際にそういったことで店舗内で揉めてしまうこともあります。
様々な事に対応できるよう、相談相手を見つけておくことが重要ですね。

ホストの現実:彼女が作りづらくなる

そしてホストの現実5つ目は「彼女が作りづらくなる」こと。ホストというのは女性を相手にする職業です。そのため本当に彼女になってほしい女性を見つけた時にも「営業じゃないの?」と女性から疑われてしまう場合や、付き合っている彼女から「本当に彼女なのか不安」と振られてしまったり。

他に「本彼営業」として本物の彼氏のように振る舞う営業をすることもあるので、「彼女を作らない」と決めているホストも存在します。このようにホストは、売れっ子になればなるほど複数の女性を相手にしなければならないため、本命の彼女を作るのが難しくなってくることでしょう。ホストの仕事に理解があり、寛大な心で受け入れてくれる女性を見つけることが、彼女を作る第一歩かもしれませんね。

ホストをするならある程度の覚悟を決めてはじめよう!

今回は、ホストになるために知っておくべき現実についてお話ししました。今までの生活を捨ててホストになるということは、非常に覚悟がいることです。きらびやかでかっこいいという憧れだけでは、ホストを長年続けていくのは難しいといえるでしょう。ぜひあなたも一度「自分にもホストができるかな?」と自問し、覚悟をつけてからホストを始めてみてくださいね!

ホストの聖地 歌舞伎町で働くならホスドラ経由がオススメ!

おすすめの記事