無料相談

コラムCOLUMN

トップ  >  コラム  >  担当ホストとケンカしちゃった……ーーあるある原因6つと、仲直りする3つのポイントを解説!
担当ホストとケンカしちゃった……ーーあるある原因6つと、仲直りする3つのポイントを解説!

担当ホストとケンカしちゃった……ーーあるある原因6つと、仲直りする3つのポイントを解説!

基礎知識
2021.07.18
ホスドラ編集部
ホストクラブに通う女性の「あるある!」お悩みのひとつが、「担当ホストとケンカしちゃった!」というもの。

好きで指名している相手とケンカするというのは非常に切ないし、お店にも行きにくいですよね……。

今回の記事では、よくあるケンカパターン6つと、仲直りのポイントをまとめてみました♡

担当ホストとケンカしてしまう、6つのあるあるパターンとは?

担当ホストとケンカになってしまう原因は、次の6つが挙げられます。

①ホストと連絡がとれずにヤキモキ!

いくらLINEをしたり電話をかけたりしても、担当から連絡がぜんぜん来ない――よくある話ですが、これを原因としてケンカに発展するケースは少なくありません!

しかしホストは、大切なお客さんからの連絡でも、まったく悪気なく返信をしないこともしばしば。

職業柄お酒をたくさん飲みますから、たんに酔っ払って爆睡していて携帯を見ていない、あるいは二日酔いや疲れでダウンしている、などなど……。

男性と女性の違いなのか、女性は「返事くらい返せるでしょ!」とキレるところでも、男はその点がズボラだったりするのです。

②逆に、連絡を返さずにキレられる!

反対に、担当からの連絡を返さず、キレられるというパターンもあります。

もちろん女性からすれば、「どうしても手が空いていなかった」「仕事が長引いて無理だった」「たんに見過ごしていた」などなど、きっと悪意がなかったりするもの。

しかし、指名客をなんとでも繋ぎ止めて売上を上げたいのが本音のホストしては、「連絡がとれない!」というのは非常に焦る事態。

女性からすれば「仕方ないでしょ」となりますが、短気なホストは返信が1時間がないだけで、「シカトするなよ!」とイライラすることも。

③営業がしつこくてゲンナリ

上記①②からすれば、担当ホストから連絡が密にくるというのはうれしいことかもしれませんが、内容も問題。

「店に来て」「シャンパン入れて」といったような、明らかに営業だとわかる内容だと、ただの金づるとしか見られていないようで、女性の気持ちは冷めてしまいます。

店内でも、酒のあおりがウザくてケンカになることも。

ホストは売上を上げるために、親しいお客さんには高いお酒を頼むようにアピールしてきますが、繰り返されると嫌な気持ちになりますよね。

④ホストが話を聞いてくれずに塩対応……

ホストクラブを訪れる女性は、「話を聞いてほしい!」という欲求が少なからずあるもの。

あまりにも担当の前で「死にたい」「つらい」などのメンヘラ発言を繰り返すと、ホストとしてはゲッソリしてしまいます。

ホストの仕事はお客さんを心地よくもてなすこととはいえ、ホストも気分よく時間を過ごせるお客さんのほうがいいですよね。

こうしたすれ違いからトラブルに発展する例は少なくないのです。

⑤「ほかの女と仲良くしないで!」という嫉妬心

ホストは、あらゆる女性客に優しく接しなければなりません。

そのため、「わたしがいちばん大切じゃないの?」というヤキモチからケンカになることはたくさんあります。

ホストと客というのは疑似恋愛の関係にありますから、女性からすれば当然の気持ちともいえますが、ホストとしても仕方のないこと。

店内で指名が被っていると、ほかの女の子と仲良くしている光景がどうしても見えてしまいます。

とくに、色恋営業がホストの基本ですから、ほかの女性に触ったりアフターに行ったりしているのを見ると、どうしてもヤキモキしますよね。

⑥お金の問題

ホストクラブの世界のみならず、お金の問題というのはあらゆる人間関係において、大きな亀裂を起こします。

たとえば、売り掛けを返さないお客さんに対してホストが怒ってイザコザに発展する、ホストにお金を貸したのに返ってこないで責める、などなど。

いずれも、なんらかのかたちで「お金を貸す/返ってこない」という問題です。

とくに、売掛未収などお店の売上に関わる問題は、店を巻き込んでの大きなトラブルに!

ホストと仲直りするポイントは?

ホストとケンカに陥るあるあるパターン5つを解説しましたが、とにかく気になるのは、「どうすれば仲直りできるのか?」ということですよね!

仲直りのポイントとしては、次の3つの点が大切です。

①まずは冷静になる!

男女の仲においても同性どうしのケンカにおいても、ケンカをしている真っ最中というのは、互いにカッカしているものです。

そのように感情が先走って怒りを露わにした状態では、自分の主張ばかりを押し通してしまい、歩み寄ることはできません!

ホスト側に非があるにせよ客側に非があるにせよ、まずは心を落ち着けて、ケンカの原因を見つめ直してみましょう。

ここで重要なのが、「金を払っているのはわたしなんだから、ホストがわたしに逆らうのはおかしい」と思わないこと!

ホストもひとりの人間ですから、彼がなぜそんな行動をしたのか、なぜ怒ったのかを考えることが必要です。

担当ホストと長く付き合うためには、「ホストと客」というビジネス上の関係とはいえ、お互いの人間性をしっかり尊重し、話し合いや歩み寄りの機会を設けてみましょう!

②距離を置く!

頭を冷静にしてもケンカが収まらないのであれば、お店に行くことじたいをやめるのもオススメです。

お店に行かずにおけば、絶縁中だったホストが態度を軟化させて謝ってくるかもしれませんし、自分の気持ちを見つめ直すことができます。

もしかすると、当初は「仲直りしたい!」と焦っていたかもしれませんが、「そんなに好きじゃないかも……」なんて気持ちになるかも?

逆に、距離を置いてみて「それでも会いたい!」となれば、その気持ちを大切にしましょう。

③お店の人など周りの人に相談する!

ケンカが収まらなければ、周囲の人に相談するのもひとつの手!

友人や知人に相談するうちに、思わぬ解決の糸口が見つかるものです。

とくにお金の問題であれば、店長などの幹部クラスのホストに相談してみましょう。

金銭の貸し借りの問題であれば、それは2人の問題で収まるレベルではありません。

お客さんに対して不誠実なことをしているとお店側が理解すれば、ホストには相応の罰が下ります。

とはいえ、ホストに貸したお金が返ってこないのであれば、基本的にはお金を貸すなら返ってこないという前提で貸すことをおすすめします。

売れないホストの場合はとにかく金欠ですから、返したくても返せないホストは多いのです。

そもそもの話、「ちゃんと返すから!」という約束を守れないホストとは、付き合わないのが賢明です。

まとめ

「喧嘩するほど仲が良い」とはいいますが、ケンカをするのはホストとの関係が近い証拠ともいえます。

ケンカをしてしまったら、まずは心を落ち着かせて話し合い、ケンカの理由やお互いの考えを知って納得することが、仲直りの第一歩!

しかし、話し合っても解決できなかったり、あまりにケンカの回数が多かったりというのは、実は相性が悪いのかも……。

残酷な話、「生理的に合わない」という人に対しては、どんなに歩み寄っても無駄!

くわえて、ホストに完璧を求めないことも大事です。

ホストもひとりの人間ですから、機嫌や体調が悪いときもあるし、お客さんの望みを全て叶えられるというわけではありません!

「ホストにもできないことがある」と理解することで、彼に対して寛大な心で接することができます。

「ごめんね」の一言も素直に言えるし、そもそもケンカに発展することが少なくなるかもしれませんよ♪

ホストの聖地 歌舞伎町で働くならホスドラ経由がオススメ!

おすすめの記事