無料相談

コラムCOLUMN

トップ  >  コラム  >  いくら稼げる? 働く前にしっかり知っとこう!  ホストの給料システム、徹底解析
いくら稼げる? 働く前にしっかり知っとこう!  ホストの給料システム、徹底解析

いくら稼げる? 働く前にしっかり知っとこう!  ホストの給料システム、徹底解析

基礎知識
2020.09.29
ホスドラ編集部
「ホスト」といってまず連想されるのは、やっぱりそのお給料! 「ありえないほど日給が高い!」「ナンバー入りすれば、月収3ケタが当たり前!?」——そんなイメージが浮かびますが、実際のところ、どうなのでしょうか?
今回のホスドラ編集部では、ホストの給料システムを徹底解析! 入店して間もない新人ホストの給料事情から、いまをときめく売れっ子ホストの推定収入まで、気になる「懐事情」に迫りました!

ホストは完全歩合制だけれど、売り上げがなくても「基本給」は保証される!

ホストの給料の内訳は、以下のように決められています。

基本給(=最低保証) or 歩合給
      +
つど与えられるボーナスや賞金など

これらの合計額がホストの収入となります。

「基本給」は「最低保証」とも呼ばれます。ホストは基本的には歩合制で、売り上げたぶんだけ給料として還元される仕組み。しかし、もしもお客さまがつかず、売り上げを上げることができなかった場合でも、「基本給(最低保証)」として設定された額だけは支給されます。入店したばかりでお客さまのつかない新人ホストを救う仕組みといえますね!

この「基本給」、店によって具体的な設定額はさまざまですが、15〜18万円が一般的。支給方法としては、「日給制」か「月給制」かが採用されます。

日給制

「その日の勤務時間内をきちんと働けば、日給として◯円を支給」という仕組みです。日給の相場としては5000〜10000円で、店のランクやエリアによって大きな差があります。

日給制で、なおかつ日払い制を採用している店であれば、出勤した日はそのつど給料を現金でもらえるので、その日のお金に困っているような駆け出しのホストには、とってもありがたい!

月給制

日給ではなく「月給」として基本給の金額が設定されます。日給制での保証額よりも金額が多い傾向にあります。

ただし、基本給が保証されるといっても、遅刻や欠勤をすれば、「罰金」として基本給からそのぶんの額が差し引かれることになるので、ご注意ください!

たとえば遅刻の場合、ホストは出勤するとまずタイムカードを切ります。1分でも遅れたら遅刻扱い。額は、「日給(月給制であれば、日給相当額)の1割」「10分1000〜5000円」といったところが相場です。

欠勤した場合、多くの店では、当日欠勤は日給の2倍(!)、なんと無断欠勤すれば日給の3倍(!)ものペナルティが課されます。額として3〜5万円になるので、非常に大きな痛手です。

「歩合給」——売り上げを上げたらそのぶん収入アップ!

「基本給(=最低保証)」は、おもに新人ホストのための仕組み。たいていの店は、入店して数か月間は「最低保証額として基本給を支給する期間」と定めています。

先に述べたとおり、ほとんどのホストクラブは「完全歩合制」。ようは、指名料や飲食代の総額の何割かが、ホストの給料として支給される仕組みです。

この「何割か(=歩合率)」は、店によって設定率が異なり、ホスト用語で「バック」と呼ばれるもの。「指名バック(=指名料の何割かをホストに支給)」「売り上げバック(=お店の売り上げの何割かをホストに支給)」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

歩合率は、ホストの実績によって大きく異なりますが、平均して40〜60パーセント。なかには80パーセント以上と定められる驚きのケースも!

すべてのホストクラブの望み、それは「売れっ子ホストを雇いたい!」ということ。

そのため店は、よいホストを雇うときに、「うちに来てくれたらバックを◯パーセントにするよ」などと交渉するのです。ほか、在籍ホストが「辞めたい」となったときも、バック率を上げて引き止める手段とします。

すなわち、ホストが「実績を上げれば上げるだけ収入アップ」とされるのは、「頑張っただけ売上額が上がる」という理由にくわえ、「キャリアを積めばバック率が上がる」という一因もあるのです。

たとえば、お客さまにシャンパンタワー100万円を注文してもらえた場合、歩合率50パーセントのホストには、100万円×50パーセント=50万円がバックされます。日給50万円と考えるとため息が出ますね。

ちなみに、ここではシャンパンタワーを100万円と設定しましたが、高級な店では500〜1000万円というところも!

限界はなし⁉︎ 頑張りしだいでいくらでも稼げる

ホストの収入は、この「歩合制」に寄る額がメインですが、そのほか「売り上げ◯位以内ボーナス」「皆勤賞ボーナス」「新人賞ボーナス」といったボーナスがそのつど支給されます。こうした積み重ねで、給料は青天井!

高級店の売れっ子ホストであれば月給100万円、年収1000万円(!)という実態にも、納得ですね!

ちなみに、業界未経験の新人ホストであれば、「基本給(=最低保証)」が支給される期間のうちに、お客さまをたくさん捕まえておいて、来るべき「歩合給」に備えておくことが重要! 頑張れば頑張っただけ、自分に跳ね返ってくる仕事です♪

ホストの聖地 歌舞伎町で働くならホスドラ経由がオススメ!

おすすめの記事