無料相談

コラムCOLUMN

トップ  >  コラム  >  売れっ子ホストの会話術を盗め!――売上に直結する10のテクニックを伝授☆
売れっ子ホストの会話術を盗め!――売上に直結する10のテクニックを伝授☆

売れっ子ホストの会話術を盗め!――売上に直結する10のテクニックを伝授☆

基礎知識
2022.04.24
ホスドラ編集部
女性を楽しませるのがホストの最大の仕事ですが、悩ましいのが会話!

とくに新人ホストであれば、どんなふうに会話を盛り上げればいいのか、わかりませんよね……。

今回のホスドラ編集部では、カリスマホストも実践している会話術として、10のテクニックをご紹介☆

歌舞伎町の現役ホストにも直撃取材して、アドバイスを聞いてきちゃいました♡

①お客さんの身近な話題から攻める!

とくにホストクラブ初心者のお客さまは緊張していますから、基本的には話しやすい身の回りの話題を振ってあげましょう!

まずは、服装や持ち物、髪型などの目につく部分をチェックして褒めるべし!

相手の反応を見つつ、好きなブランドやよく行くお店など、話題を広げていきましょう♡

「初対面のお客さんでも指名客でもそうだけど、接客中にとにかくよく観察して話題を探してる。“髪型変えた?”とか“やせたみたい”とか“この前より疲れてる?”とかをきっかけにする。そうするとけっこうお客さんから“最近はこういうことがあって”とか話す流れになる」(22歳・ホスト歴3年)

②質問しすぎず、お客さんの言葉を引き出す!

最初のうちはどうしても会話は盛り上がりにくいものですから、ホスト側が質問してあげる必要がありますが、質問しすぎはNG。

なかには、あまり自分のことを話したがらないお客さんもいますし、女性にプライベートのことを尋ねすぎるのはマナー違反。

相手が「自分の話」を自発的に話すようになるまで、ホスト自身の話をすこしずつ織り交ぜながら歩み寄っていくのがコツです♪

「自分の話のネタを準備しとくようにしてて、スマホのメモにネタを書き留めてる。 最近見たテレビとかYouTubeのおもしろいネタを話すのが多いかも」(24歳・ホスト歴3年)

③お客さんが話すときには、とにかく聞く姿勢で!

お客さんは多かれ少なかれ、「自分の話を聞いてほしい!」という欲求をもって来店します。

お客さんが話しはじめたらさえぎらずにしっかり聞いて、共感してあげるのが◎。

相手の目を見てお話を聞いてあげることが大切です。

「入店したての頃に、なるべく正面から客の目を見ろって先輩から教わった。なんなら手を握れって(笑)」(22歳・ホスト歴3年)

④相手のペースに合わせる!

お客さんによって、独自のペースやリズムが異なります。

「のんびりした人」「にぎやかな人」など、相手の雰囲気を掴み取り、相手のペースに合わせた話し方がポイント!

静かな雰囲気の人に「どうも、◯◯です!」とワイワイしたノリで積極的に話しかけても、相手からすれば悪印象です。

「女の人は格好でどういう系かがわかるから、地味な人だったら静かにテーブルに入るし、派手で友達と一緒に来てる人にはテンションあげて入ってく。自分は地味な人のほうが苦手かも(笑)」(21歳・ホスト歴2年)

⑤動きをつける!

これは、「相手の話を聞いている」というアピールのための方法。

話に合わせて腕を動かしたり、相槌をうつときに大きくうなずいたりなど、全身で「聞いている感」をアピールするのが効果的。

表情も大事で、相手の話や気持ちに合わせて笑ったり眉をひそめたりなど、顔の動きも意識しましょう♪

「顔には超気をつけてる。最初のうちは鏡の前で、なるべくかっこよく見えるような表情の練習してた。あと笑顔」(23歳・ホスト歴3年)

⑥相手の話を否定しない!

基本ともいえるコミュニケーション術ですが、相手に心地よく感じてもらうためには、相手の話を否定しないこと!

そのうえで気をつけたいのが、「いや」という言葉。

「いや、でもさ……」から話を始める人は意外と多いのですが、「いや」から始めてしまうと、相手としては自分を否定された気になってしまいます。

「そうだね」「たしかに」といった、肯定の言葉から入ると、相手の心象もよくなりますよ☆

「店長からいわれて気づいたんだけど、“いや”が口癖になってた。(笑)気づいてからはあんまり言わないように気をつけてる」(20歳・ホスト歴1年)

⑦相手の機嫌をとりすぎない!

「相手を楽しませたい!」という気持ちはもちろん大切ですが、だからといって相手に気を使いすぎなくてもOK!

「この話題で大丈夫かな?」「気を悪くしていないかな?」などと気にしすぎると、単なるイエスマンとなって、会話がおもしろくなくなってしまいます……。

相手のことを尊重しつつも、一対一のお付き合いとして、あまり媚びへつらいすぎずに接しましょう。

「相手の言うことにうなずくだけだとトップはとれないと思う」(22歳・ホスト歴3年)

⑧礼儀を忘れずに!

たとえ親密になっても、お客さんへの礼儀は必須です!

②でも触れましたが、プライベートの話や、相手の容姿や年齢についての話は基本的にダメです。

ほか、テーブルを離れるときなどには必ずひと声かけるなどのマナーも忘れずに!

「売れっ子の先輩は、スタッフとか自分みたいな下積みにも挨拶したり声かけてくれてすごい。お客さんにもていねいで誠実な感じがするからモテるんだと思う」(21歳・ホスト歴1年)

⑨自信をもって話す!

オドオドした雰囲気だと、相手に悪印象を与えてしまいます。

ひとりのホストとして自信をもち、堂々と話すようにしましょう!

また、店内は大きな音量で音楽が流れていますから、大きな声でハキハキ話す意識も大切です♪

「ローランドさんが超好きだから普段から話し方マネしてる(笑)」(24歳・ホスト歴2年)

⑩自分自身が楽しむ!

自分の気持ちは相手に伝染しますから、ホスト自身がその場を楽しんでいないと、お客さんも楽しい気持ちになれません。

礼儀やデリカシーは必要ですが、お客さんとの会話を楽しみましょう!

「ノリとか興味が合う客とはすごい楽に話せるし、売上も普通に上がる」(25歳・4年め)

まとめ

会話スキルは、経験と努力を重ねれば必ず上達して、売り上げも自然とついてきます!

一流ホストのヘルプについたときには、先輩の接客術を積極的に盗んで真似してみましょう♪

「こういう系になりたい!」という憧れの先輩がいれば、直接アドバイスをもらうのもおすすめ。

今回の記事でご紹介した内容をどんどん実践して、No.1ホストをめざしてくださいね♡

ホストの聖地 歌舞伎町で働くならホスドラ経由がオススメ!

おすすめの記事