無料相談

コラムCOLUMN

トップ  >  コラム  >  200店舗以上!? 歌舞伎町がホストクラブの聖地と呼ばれるワケ
200店舗以上!? 歌舞伎町がホストクラブの聖地と呼ばれるワケ

200店舗以上!? 歌舞伎町がホストクラブの聖地と呼ばれるワケ

基礎知識
2020.02.29
ホスドラ編集部
今回は、歌舞伎町がホストクラブの聖地と呼ばれるワケについて深掘りしていきたいと思います。今やホストクラブは日本中いたるところに存在し、その数はなんと800店舗以上。さらに、人数にすると16,000人以上のホストが日本中に存在します。

繁華街といえば、六本木、大阪ミナミ、北海道ススキノ、仙台国分町など様々な地域が存在しますが、その中でも群を抜けてホストが活発に活躍している地域が歌舞伎町です。

では、歌舞伎町はなぜホストの聖地と呼ばれ、たくさんの地域からホストがこぞってやってくるのでしょうか?そんな聖地と呼ばれる歌舞伎町ホストについて深掘りしていきます!

店舗数がダントツで多い!

まず、何と言っても店舗数がダントツで多いというところが聖地と呼ばれる一つの理由でしょう。日本にあるホストクラブはだいたい800以上と言われていますが、その中の300弱くらいの店舗は歌舞伎町の中にあります。

実際、歌舞伎町というのはとても狭い繁華街なのですが、これだけの数のホストクラブが密集しているんですね。実際歌舞伎町を歩いてみると、右に歩けばホストクラブ、左を見ればホストクラブ、ビルに入れば3,4店舗ホストが入っているのが当たり前。これがホストの聖地と呼ばれる由来のひとつですね。

他の地域と比べるとわかりやすいので少し他の地域と比べてみると、北海道ススキノで58店舗、東北宮城で18店舗、関西大阪ミナミで149店舗……そして歌舞伎町はなんと299店舗!この数字で比較をするととてもわかりやすいですね。

なぜこんなにもホストクラブが増えていくのか、その理由はオーナーになるホストがたくさんいるということが挙げられます。いわゆる「独立」ですね。

私は元々歌舞伎町で7年ほどキャバ嬢をしていましたが、その7年の間でもたくさんのホストクラブが増えていきました。「あそこの系列が増えたらしいよ!」「あそこのNo,1が独立したらしいよ!」なんて話は結構聞いたりしていましたね。

筆者が以前通っていた担当を調べてみると、なんと独立していました(笑)。

この話からもわかるように、売り上げを叩き、実力をつけたホストが独立して新しい店舗を持つということが歌舞伎町ではとても多いのです!そのため、どんどん系列店が増え、歌舞伎町の中での店舗数も増えていくというワケですね。

歌舞伎町には学歴も頭の良さも関係ありません。売り上げだけがモノを言う世界です。「いい大学に行っていないから」「就職してないから」と悩む必要もありません。売り上げを叩き、実力をつけたホストが歌舞伎町ドリームをつかむことができるのです。ぜひあなたも歌舞伎町ドリームの仲間入りを目指してみてはいかがですか?

TVや雑誌などの媒体が注目しているからこそ露出につながる

そして、歌舞伎町のホストクラブが聖地と呼ばれる2つ目の理由が、「TVや雑誌などの媒体が注目している」ということでしょう。

最近、キャバ嬢やホストなどがメディアに進出する機会がとても増えましたよね。その中でもメディアで活躍しているホストやキャバ嬢を見てみると、ほとんどのプレイヤーが歌舞伎町で働いているということがわかるでしょう。

さらに、雑誌やホスト求人などを見てみると、「現役モデルが働いています」と言う広告が載っていたりNo,1が雑誌に載っている、さらにはギャル雑誌の彼氏役をやっていたりしますよね。そのモデルたちもだいたい歌舞伎町ホストなのです。

「他の地域でもメディア進出は可能なんじゃないのか?」と聞かれると100%無理とは言えません。きっと売り上げを叩き、ホスト界での「革命的」なことを起こしたりすればきっと雑誌に採用されたりすることもあるでしょう。

ですが、実際地方になるとそれはとても稀なこと。歌舞伎町ではとても有名だったNo,1ホストが地方に行ったら全然話を聞かなくなったなんてことも日常茶飯事です。

やはり、「歌舞伎町」というブランドは強く、ホストたちの背中を後押ししてくれる起爆剤。そして、メディア進出なども積極的に支援しているお店も多くあるので、歌舞伎町で働くことでメディア露出の確率がグッと上がるワケですね。

もし、「メディア進出してみたい」「雑誌に載りたい」「モデルになりたい」という人がいれば、歌舞伎町で働くことをおすすめします。歌舞伎町はとても力があり、とても夢のある街なのです!

まずは歌舞伎町で力をつけよう!

今回は、歌舞伎町がホストクラブの聖地と呼ばれるワケについてお伝えしました!歌舞伎町の店舗数の多さや、歌舞伎町での無限の可能性についてお分りいただけたでしょうか?

私が歌舞伎町で最後に働いたのは今から4年ほど前ですが、その時よりもグッと店舗数が増えたように思います。それは、たくさんのホストが独立し、歌舞伎町ドリームをつかんだ証拠でもあります。

店舗数が増えた分、ライバルはもちろん増えています。ですが、それだけ「歌舞伎町での夢を掴みたい!」というホストたちがたくさんいるということ。あなたもその夢に続いてみてはいかがでしょうか。

「まずは地方で力をつけてから・・・」と言っていると、上京するタイミングを逃し夢から遠ざかってしまいます。もし「ホストをしたい」と思っているのであれば、最初から歌舞伎町で働くことがおすすめです。タイミングを見失ったり無駄な時間を過ごしたりする前に、歌舞伎町で体入してみてはいかがでしょうか?

ホストの聖地 歌舞伎町で働くならホスドラ経由がオススメ!

おすすめの記事